ブログを毎日1記事続けたら書かないことのほうが気持ち悪くなる

   

 

どうも、ホーリーです。

ブログを続けることで僕の心境も変わってきました。

心の変化はなかなか覚えておくことが難しいので記事として残しておこうと思います。

 

ブログを始めた最初の頃は1記事書くことが少し大変でした。

書く習慣がない中、習慣化させようと努力したからだと思います。

ブログを書くということが普段と違う頭の使い方をしているからかもしれません。

 

確か最初の頃は1記事に4時間位かかった記憶があります。

文章を書き始めても次の言葉がでてこなかったり、書いては消しを繰り返しなかなか進みませんでした。

 

だから最初の1週間続けてみてこんな大変なことをこれから続けていくのかと少し不安になりましたね。(笑)

 

しかも最初の頃は記事も少なくこれくらいでやめようかなって考えも浮かぶわけです。

1週間だと7記事くらいじゃないですか。

努力を重ねた厚さがまだ薄いから諦める決断もしやすいですよね。

まぁ、7記事くらいならやめてもいっかみたいに・・・

 

それがですね、このブログも今日が49記事目ですよ。

こうなってくると49日間の努力を重ねてきたわけじゃないですか。

簡単には辞められないんですよ。

やめるのがもったいないって感じてしまう。

 

そして毎日、記事を更新しているとこの1日1記事の更新記録も途絶えさせたくないって思うんですよ。

 

ブログを続けるコツってもしかして・・・・

 

よくブログの始め方みたいな本あるじゃないですか。

本の中ではじめの3ヶ月間は毎日ブログを書いてみようって書いてる本もあります。

 

50記事弱書いてきてなんとなく意味がわかる気がしますね。

この効果は3ヶ月書いて成果を出すという意味ではなくて続けるために必要なことだと思うんですよね。

 

僕なんて3ヶ月続ける前に、ブログ続けられそうだなって心境になってますから。

あと1記事で50記事ですが50記事を目標に毎日書ければ続けられる実感が沸くんじゃないかなって思うんですよ。

 

僕のブログを書くことに対する心境が変わってきたのがだいたい45記事くらい書いてからです。

このくらい毎日書いていると1日1記事の更新記録を伸ばしたいって思いが増してきました。

 

書かないとちょっと気持ちが悪い。

気になってしまうんですね。

 

記事の文字数もある程度調整しながら使える時間内で書きたいことを書けるようにもなってきました。

 

最初はブログを書くのが大変だけどだんだんと負担が少なくなってくる

 

最初は本当、1記事に時間がかかります。

次の記事を書くのにも気楽にはかけないくらい。

時間の確保と気合がいりましたね。

 

でもだんだんと1記事に対して

書く、編集する、構成まで整える

完成まで40分~1時間半くらいでできるようになっています。

空けられる時間で少し気楽に書けるようになってきました。

そうは言ってもネタが浮かんでこない時もありますよ・・・

 

最初の頃よりは気合をいれなくても書けてます。

 

だんだんと自分の型みたいなものができてきて早く書けるようになるんですね。

 

僕のブログを続けるコツ

 

僕の中で最初は50記事までは毎日書こうと思っていました。

最初は50記事は遠い道のりで大変だなーと思ってました。

 

でも50記事目前にきて、まだまだ続けられそうだなって思っています。

 

では早速僕が続けるために意識したことを書きたいと思います。

  • 50記事までは毎日記事を更新すると決める
  • まずは一週間続けようと決める
  • 1日のスケジュールの中で空けられる時間を認識しておく
  • 記事を書く時間を少し余裕をもって時間確保する
  • 今日は書けるっていう日は下書きで記事をためておく
  • 読書するときはメモを取りながら人に説明できるように読む

 

さすがに最初から50記事では目標が遠すぎます。

なのでまずは1日の目標として1記事更新を絶対守るという意識を持ちました。

その意識を今日で49日間持ち続けられたということです。

 

最後に

 

成果を出すという視点にたつと続けるだけでは不可能だと思います。

ただ成果を出すための必要条件として続けるということが上げられます。

続けられなければ成果を出すというステージにはいけないと思います。

 

僕の次の課題はこの続けるということと並行しながら成果を意識して改善していくことです。

何よりもまずは明日の50記事、毎日更新記録を達成したいと思います。

 

今回もお読みいただきありがとうございました。

 

 - ブログ運営

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。